コンピューターウイルスとネットバンク

コンピューターウイルスとネットバンク

コンピューターウイルスというのは、たとえウィルスソフトを導入していても危険性は無視できないものとなっています。
その中でも特に気をつけたいのが、コンピューターウイルスによる情報流出とインターネットバンキングの被害です。
最近ではよくニュースで取り上げられていますが、このネットバンクの被害はいわゆるフィッシング詐欺という偽物のページに情報を記入してしまって、番号を盗まれることもありますが、コンピューターウイルスからの被害も忘れてはいけません。
ここ最近では三井東京UFJからの偽メールが送信され、それを開けてしまうと知らない間にコンピューターウイルスに感染してしまい、そして個人情報や番号などを盗みとられてしまう事件がありました。
大手銀行でもこのようにコンピュータウイルス被害に合うのですから、個人のコンピューターなどウイルス送信者からすると簡単なものです。
たとえば、あなたのコンピューターがウイルスに感染しています。というバナーを見た事がありませんか?
あれはクリックするとウイルスに感染してしまう可能性があります。
感染するとデスクトップ上にウイルス感染の情報が流れるようになり、お金を支払えばパソコンが元に戻るやデータが元に戻ると言うアナウンスが流れます。
こういった身代金を要求するウイルスのことをランサムウェアと呼びます。
KEYHolderも有名なランサムウェアプログラムの一種です。

しかし、KEYHolder 払い込みは意味が無いということが証明されています。
絶対に間違っても振り込んではいけません。

 

では、対処方法どうすればよいのでしょう。
対処方法としてはウィルスソフトの定期的なアップデートの他にも、銀行や企業などではワンタイムパスワードの導入などが成されていますが、やはり個人個人でしっかりと注意することがまず大事だと思われます。

 

コンピューターウイルスとネットバンク関連ページ

パソコン/ITについて
お金活用方法、仕事術、ライフプラン設計、病気と健康、趣味の楽しみ方などなど、タメになるような気がするニュースを紹介
オンラインゲームについて。
オンラインゲームについて。
ブラウザゲームはいろんなものがある
ブラウザゲームはいろんなものがある
パソコン起動しなくて困った体験
パソコン起動しなくて困った体験
お金を支払ったのにパソコンが戻らない
お金を支払ったのにパソコンが戻らない